増毛に関することの薄毛・抜け毛の悩みに対し増毛やヘアウィッグのご提案

メンズ増毛で注意したいヘアケアやお手入れ法

 | 

薄毛や抜け毛のお悩みは増毛で解決できる場合があります。それでも、日々の自毛のお手入れなどのヘアケアには十分に注意したいところです。
増毛法の種類によりお手入れ方法がそれぞれ異なります。

ここでは、参考に編み込み式の増毛法、増毛シート、ウィッグのメンテナンス法についての注意点をお伝えします。


編み込み式増毛法


編み込み式増毛法は、自分の髪と糸で編んだ土台があり、人工毛を糸でくくりつける増毛法です。
自然な髪の毛の風合いになり、そこそこの耐久性もあります。

667221 - メンズ増毛で注意したいヘアケアやお手入れ法

編み込み式増毛法の注意点は、時間の経過と共に自分の髪の毛が伸びてくることです。髪の毛全体が浮き上がるようになり、次第に不自然に見えてきます。そのため月に1〜2回程度のメンテナンスが必要です。


自分ではメンテナンスできませんので、増毛をしたサロンで散髪を行います。

 

自分でメンテナンスできるメンテナンスは、専用のシャンプーを使った毎日のシャンプーをしっかり実践することです。正しいシャンプー法により、サロンに通うメンテナンス回数を減らすことができます。

増毛シート


お手軽に利用できるようになった増毛シートも増毛法の一つとして人気があります。
増毛シートは、人工毛が取り付けられた極薄シートです。専用の粘着剤により頭皮に直接貼り付けられています。


見た目も自然な増毛効果がありますが、頭皮にシールを貼ったままにしていると、頭皮が蒸れたり、かゆみが出たりします。シールを貼った頭皮の部分は、いつも清潔に保つ必要があります。
増毛シート使用時にも、自宅で髪を洗う必要がありますので、専用のシャンプーが用意されています。


デメリットは、地毛が伸びたり、粘着剤が汗で剥がれそうになったりするので、メンテナンスは、月に1〜2回です。

 



ウィッグ


ウィッグは、頭に直接被せますが、取り外しが簡単です。自宅にいるときなどは、取り外して保管できますので、頭皮に負担がかかりません。他の増毛法と比べると頭皮も清潔に保つことができます。


ウィッグは、使用した後にブラッシングして埃を落としたり、汚れがひどくなったら本体を洗ったりしなければなりません。ウィッグ用の専用シャンプーもあります。

 



よくあるメンズ増毛法に関する注意点は、正しいメンテナンス法やヘアケアを実践する必要があることです。


マメにケアしていないと、不潔に思われ頭皮トラブルが発生し、違和感のある頭髪だと思われてしまいます。
お金や時間をかけて、頭皮や増毛箇所のメンテナンスをしっかりと実施してください。

SNSでシェア